GACKT

【衝撃】GACKTの生い立ちがヤバい!実家は金持ちで幼少期は精神疾患で強制入院?

ミステリアスな雰囲気のあるGACKTさん。

GACKTさんの生い立ちがヤバイ!と注目を集めています。

実家はお金持ちで、幼少期は精神疾患で強制入院もしていたとか…。

そんな謎多きGACKTさんについて調査しました。

【GACKT】の実家は金持ち?!

沖縄県で生まれ、両親の離婚を経て、小学生の頃から高校生まで滋賀県で育ったGACKTさん。

自衛隊の音楽隊の指揮者兼トランぺッターだった父親を持つGACKTさんは、3歳の頃ピアノの練習を始めました。

GACKTさんの母親も音楽教育に熱心だったと言います。

実家ではいつもクラシック音楽が流れていたそうです。

音楽の英才教育家庭と言えますね。

食事中にはテレビを見てはいけないなど、厳しい家庭だったようです。

また、父親の職業が自衛隊ということは、国家公務員の給与となりますので、比較的裕福な安定した家庭だったと言えます。

とはいえ、音楽教育にはかなりお金がかかりますので、一般的な家庭より、お金持ちだったのではないでしょうか。

【GACKT】の幼少期は精神疾患で強制入院!

ミステリアスなGACKTさんは、常人離れした独特な雰囲気があります。

そんなGACKTさんは、幼少期にスピリチュアルな経験をされ、それをきっかけに精神疾患を疑われたことがあるそうです。

【GACKT】7歳で臨死体験し精神不安定で入院!

GACKTさんが7歳の時、沖縄での海水浴中に、波に飲まれ水中へ引きずりこまれるという経験をしたことがあるそうです。

水の中に引きずりこまれる最中、急に何も聞こえなくなり、その後、何かに包まれている感覚になった、とか!

優しいものに包み込まれているような感覚の中、これまでの記憶が走馬灯のように駆け回るという、いわゆる「臨死体験」をしたそうです。

このGACKTさんの経験に対して大人は信じず、「精神不安定」とされ、入院となってしまいました。

その後は、努めて普通の発言を心がけ、無事退院となったそうです。

【GACKT】10歳で隔離病棟へ監禁!

7歳で臨死体験をしてから、色々なモノが見えるようになり、生きている人とそうでない人の区別がつかないようになったというGACKTさん。

霊的な現象が強くなり、周囲からも「異端児」扱いされていたそうです。

そんなGACKTさんは、10歳の時に突然、原因不明の病気を患い隔離病棟に監禁されることになります。

当時のことをGACKTさん本人は、

いきなり隔離された。隔離されて、監禁され、鉄格子の付いた病棟に放り込まれた。子供ばかりだったことから、おそらく小児病棟だったと思う。伝染病だったり、重病の子供が多い病棟だったのだろう。10歳の僕はそう思っていた。

と著書『自白』で語っています。

担当医を観察し、真似をしていたら、退院していいと言われたというGACKTさん。

担当医を真似ることで「通常」の判定を得たとは、並外れた大人っぽさを感じる幼少期のエピソードですね。

GACKTのプロフィール

芸名:GACKT

本名:岡部学(おかべさとる)

   両親の離婚後:大城学(おおしろがく)

   現在:大城ガクト

生年月日:1973年7月4日

出身地:沖縄県

身長:180㎝

自らを「表現者」と称するGACKTさん。

ミュージシャンという枠にとらわれない多才ぶりを発揮する個性派アーティストです。

2019年にソロデビュー20周年を迎えました。

2021年8月上旬にキプロスから帰国後、体調不良があって持病の神経系疾患が悪化。

一時は命に関わるほどの重篤な状況だったそうですが、2021年9月、活動を無期限休止すると発表しました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、ミステリアスなGACKTさんの生い立ちや実家について調査し紹介してみました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。